アーカイブ

Archive for the ‘ハードウェア’ Category

SV600に触ってきました

先週の火曜日に株式会社PFUのイベント、「『ScanSnap SV600』タッチ&トライ Meeting」にお邪魔してきました。

川崎まで出向いてSV600を触ってみようと考えた事には理由があります。
「ひょっとして、自炊する時の面倒な裁断作業から解放されるんじゃなかろうか?」
と、考えたためです。
特に、裁断機に入れる厚みにするためにカッターで背表紙を分解する所や、ブックカバーの裁断は面倒きわまりないです。
ただ、見開き2ページをスキャンする度にページを手で捲る事を考えると逆に苦行が増すような気もしました。
結局は触らないと解らない事が多い事と、この機会に以前から感じていたScanSnapのソフトウェア周り意見を伝えられたらと考えて、参加させて頂く事にしました。

結論としては、SV600は裁断の手間を軽減するための製品では無かったです。
ページ捲りも手間ですし、台形補正があると行ってもシードフィードスキャナのようには奇麗に読み込めませんでした。

ただ、想像を超えてすごい代物でした。
少なくても従来のフラッドベッドスキャナに感じていたストレスのいくつかは無くなっています。

まず、蓋をする必要が無い事が大きいです。
フラッドベッドスキャナで見開きを取ろうとすると、かなり強く蓋を押し付けないと真ん中付近に真っ黒い領域ができます。
抑え続ける事も面倒ですが、資料を強く開いて痛める事にも抵抗があります。

次に、スキャンしてみたら曲がっていたといいう事が良くあります。
特に強く抑えている場合は位置合わせが難しく、プレスキャンするまで仕上がりは把握できません。

もちろん開放式である事やCCDから資料の距離がある事もあって、制作などに必要なきっちりした原稿を最高の品質で読み込む目的には適さないと思いますが、単に目の前の紙を電子化したいという用度だと圧倒的に使いやすいと思います。
書籍を読み込みたいという目的が無い人であれば、シードフィードスキャナよりもおすすめだと思います。

イベントにはPFUの方が居たので、カラーとグレイスケールの自動認識モードを追加して頂けるようお願いしてみました。
書籍の場合モノクロ2値は読みづらい仕上がりになるので、グレースケールが最適です。
ただ表紙や一部のページのイラストにカラーがある場合、そこはカラーになって欲しいと思います。
全部カラーは次善としてはアリなんですが、文字ばかりの場合は薄く見えて読み難かったりします。
現状SnaSnapのソフトウェアに自動認識させると、カラーとモノクロ2値の自動認識モードになってしまう事を残念に思っていたので、ここぞとばかりにアピールしておきました。

広告
カテゴリー:ハードウェア

ScanSnap iX500を試してみました

何年か前に、裁断機を買って手持ちの技術書を電子化しようとしました。
引っ越しの時に、本棚のスペースの確保にコストがかかっている事に気がついたからです。
死蔵していた、ScanSnap S510の有効利用にもなりそうでした。
当時の目論見としては、1日に一冊でも裁断を続ければ数年で電子化が完了すると考えていました。
少なくても、新しく買う分を最初から電子版にしておけば、増える事は無いハズでした。

結果としては、いよいよ本の置き場がありません。

必要な書籍が電子版にならないとか、裁断可能な厚みに本をカッターで分解する事が面倒とか、カバーは個別にカッターで切る必要があるとか、一度にスキャナに投入できる枚数が少なくて面倒とか、紙質が悪いと詰まったり重送されるとか、ページが揃っているかのチェックが大変とか、文字認識の待ち時間が鬼のように長いとか、想像よりも遥かに苦行でした。
業者にお願いするという選択肢もあったのですが、予約待ちが凄くて忘却してしまいました。

Z80のニーモニックのリファレンスとか、MSXのI/Oポートのリファレンスとか、スキャンしないで処分しても良いような気もしますが、書籍の処分は不思議と抵抗があります。
また、Win32のAPIのリファレンスとか、JavaのAPIのリファレンスとか、電話帳級の紙の薄さとページ数を誇っていて、裁断する気も起きません。

所が、唐突にScanSnapの新機種をPFUさんからモニターとしてお借りする機会が回ってきました。
PCを高速な新機種に買い替えたら、残念なゲームが遊べるようになったという事は良く有る事なので、スキャナの性能が上がれば話が変わってくるかもしれません。

とりあえず、最近買ったRaspberry Piユーザガイドを読み取ってみました。

残念ながら、ScanSnap iX500には書籍読み取りのプリセットは無いので、設定から行いました。
ScanSnapがブレイクした理由を考えると、ちょっとどうかと思います。

  • 白紙ページを自動的に削除をオフ。これがオンだと枚数による簡易チェックが不可能になる。
  • 文字列の傾きの自動補正をオン。紙質によっては斜めに吸い込まれる事もあるので。
  • 文字認識を全ページにオン。Spotlightでウマーできる。
  • 継続読み取りオン。一回で全ページがトレーには乗らないし、カバーは紙のは大きさも違う。

悩ましいのはカラーモードで、表紙はカラーに、中身はカラーかグレーになって欲しい。
自動判別でかつ、白黒の禁止モードがあれば良いんですが……

一度にトレイに乗せられる枚数は以前と大差ありませんが、スキャンは冗談みたいに早いです。
最後にページ枚数をチェックして保存を押せば、長時間の文字認識が始まるハズ………始まらない。
不思議に思ってPDFを開いてみたら、既に文字認識が完了していました。
にわかに信じられません。

当時よりも高速なPCを使っていますが、これは想像していませんでした。

モニター期間中、一日一冊の裁断を続けられるか、試してみたいと思います。

カテゴリー:ハードウェア

Time Machine用にProLiant MicroServerを導入

家族で共用のTime Machineを使ったバックアップ先に、QNAPのTurboNAS 410というNASを使っています。
これは非常に使い勝手の良い製品なのですが、ARMをCPUに使ったソフトウェアRAIDなので、I/O性能があまり高くありません。
Time Machineで使用する場合バックアップ時は問題ありませんが、過去のファイルをブラウズする操作が実用にならない程遅いです。
RAID5でなければ実用的な性能が出るのかもしれませんが、目的に沿わないので試していません。

そこでx86を使った高速な製品を物色していて、ReadyNAS Ultra4TurboNAS 469Lあたりを考えていたのですが、良いお値段なのでなかなか踏ん切りがつきませんでした。
そんな折に、HPのProLiant MicroServerが2万円以下という事を知り、FreeNASあたりを使えば手間も商用のNASと大差無いと判断して導入してみました。

性能は十分です

期待通りの性能が出ました。
Time Machineでの過去のファイルのブラウズも軽快で、十分必要なファイルを探しまわれます。

大変五月蝿いです

静音サーバという事になっていますが、NASとは比較になりません。
電源FANとケースFANが分離しており、双方ともに音量があります。
低負荷時にCPUのクロックを下げたり、HDDをスピンダウンしたりさせてみましたがも焼け石に水です。
静粛を求めるのであれば、大人しくNASを買うべきです。

楽ではありません

FreeNASはNASと言うよりも、商用LinuxディストリビューションのGUI設定ツールのような物です。
UNIXのユーザ管理や、Samba、Netatlkの知識が必要です。

僕はNASのユーザ管理やファイル共有設定には、次のような物が求められると考えています。

  • 複数のユーザを作成して共有領域を読み書きした時に、パーミッションに起因する問題が起きない
  • WindowsとMacのクライアントが混在する時に、文字化けが起きたり管理ファイルが見えたりしない

QNAPなどは上記を実現する為に、UNIXやSambaやNetatalkを上手に隠蔽して独自の設定をユーザに見せています。
結局、Linuxで自宅サーバを構築していた頃と大差無い手間が必要でした。

細かい話をすると、WebDAVのサポートが無いのでiOSなどからのアクセスが辛いです。

ファイル共有でユーザが相互に読み書きするコツ

複数ユーザで共有領域を利用する場合、ユーザ作成時にプライマリグループを「staff」あたりにしておくと楽です。
新規ファイルにグループ書き込みパーミッションさえ付けば、ユーザ間の読み書きが問題になる事が無いので。

CIFSの共有に設定については、「高度な設定」の「補助パラメータ」にアクセスを許すユーザを列記する必要があります。

valid users = "ユーザ1,ユーザ2"
write list = "ユーザ1,ユーザ2"

特にパーミッションは心配無いです。

AFPの共有設定については、「許可リスト」と「読み込み/書き込み可能アクセス」にアクセスを許すユーザを列記する必要があります。
またパーミッションは、「Default file permission」と「Default directory permission」のGropのWriteにチェックを入れる必要があります。

Macから接続する時にCIFSを使うとロクでも無いパーミッションが設定されるので、避ける事をお勧めします。

カテゴリー:サーバ, ハードウェア

BSHSBE07を購入

バッファローコクヨサプライのBluetoothステレオイヤホン、BSHSBE07を購入しました。

僕は通勤電車で音楽を聞こうとした時に、イヤホンに二つ期待している事があります。

  • 音漏れしない -> カナルが良い
  • 混んでいる時にケーブルを周りに引っ掛けない ->ワイヤレスが良い

ワイヤレスのカナルは、あまり選択肢がありません。ペンダントに普通のカナル式イヤホンを付ける製品もあるのですが、ケーブルがそこそこ長いためか混雑時に引っ掛けてしまう事があって止めました。

スポーツ用のイヤホンに、ネックバンドのカナル式が数機種あるのですが、見た目に異様な物が多いので敬遠しています。スポーツウェアとサングラスでジョギングでもしてそうなデザインだったり。

そんな中、ソニエリからHBH-IS800という、コードの短いカナル式のドライバ部分に電池と受信機を内蔵してしまった製品が出て死ぬ程ストライクだったんですが、例によって国内販売がありません。

BSHSBE07はHBH-IS800に似たコンセプトの製品で、試しに買ってみました。

無音時のホワイトノイズは無し
ワイアレスのイヤホンやヘッドホンに付き物の、ホワイトノイズがありません。今時は、どこの製品でもノイズは乗らないのかもしれません。

イヤーピースのサイズは一種類
厳しいです。耳の穴が広がりそう。

コントローラは扱い難い
手探りでボタンを探す事が難しいです。正円に近いのでボタンの配置面が探し難い上、ボリュームアップと再生を間違い易い配置になっています。

他社からも、同様の製品が出てくると良いなぁと思います。選択肢的に。

カテゴリー:ハードウェア

Poken届きました

隣は比較用のApple Remoteです。
poken
思ったより小さいです。

カテゴリー:ハードウェア

Wii専用 VGAケーブル VD-W2を購入

2009年2月17日 9件のコメント

せっかくゲーム用に買ったE2200HDをWiiでも使いたくなってきました。ワイドですし。

そこでアップスキャンコンバータの購入を検討したのですが、遅延やら画質劣化やらアスペクト比の問題があるようで、二の足を踏んでいました。

しかし最近になり、Wii専用のトランスコーダーVD-W2が発売された事を知り、注文してみました。トランスコーダーの場合色空間の変換しか行わないので、遅延や画質劣化の心配が無いと考えられます。そのかわりインターレース専用のタイトルだと、プレイ不可になります。ほとんど無いと思いますが、GC用の古いタイトルにはプログレッシブ非対応の物もありそうです。

結果としては良好です。幸い手元には、プログレッシブ非対応のタイトルはありませんでした。またE2200HDの画面比率のおかげだと思いますが、ワイドに設定した時のアスペクト比も問題ありませんでした。

MDR-DS7000のアナログ入力を使って、ドルビープロロジックIIの再生も問題無しです。

カテゴリー:ハードウェア, 文化

BT-DockTを購入

MDR-DS7000の導入後、Bluetooth接続のDR-BT21Gが余ってしまって勿体なかったので、iPod touch用に再利用する事にしました。送信機が必要なので、BT-DockTを購入しました。

残念ながらかなり微妙です。BT-DockTを接続しておくと、突然iPod touchがスリープから覚めたり、音楽再生を始めたりします。ペアリングしたヘッドフォンを操作していないにも関わらすです。これが原因で電池を食いつぶす事があるので、頻繁にBT-DockTを取り外す必要があります。

それと音楽再生中のヘッドフォンによる停止やスキップは正常に動作しますが、一旦音楽が止まると再生がなかなか反応しません。結局iPod touchを取り出して画面を見たりしている状況です。

Bluetoothは、なかなかきちんと動いてくれません。

カテゴリー:ハードウェア