ホーム > ハードウェア > SV600に触ってきました

SV600に触ってきました

先週の火曜日に株式会社PFUのイベント、「『ScanSnap SV600』タッチ&トライ Meeting」にお邪魔してきました。

川崎まで出向いてSV600を触ってみようと考えた事には理由があります。
「ひょっとして、自炊する時の面倒な裁断作業から解放されるんじゃなかろうか?」
と、考えたためです。
特に、裁断機に入れる厚みにするためにカッターで背表紙を分解する所や、ブックカバーの裁断は面倒きわまりないです。
ただ、見開き2ページをスキャンする度にページを手で捲る事を考えると逆に苦行が増すような気もしました。
結局は触らないと解らない事が多い事と、この機会に以前から感じていたScanSnapのソフトウェア周り意見を伝えられたらと考えて、参加させて頂く事にしました。

結論としては、SV600は裁断の手間を軽減するための製品では無かったです。
ページ捲りも手間ですし、台形補正があると行ってもシードフィードスキャナのようには奇麗に読み込めませんでした。

ただ、想像を超えてすごい代物でした。
少なくても従来のフラッドベッドスキャナに感じていたストレスのいくつかは無くなっています。

まず、蓋をする必要が無い事が大きいです。
フラッドベッドスキャナで見開きを取ろうとすると、かなり強く蓋を押し付けないと真ん中付近に真っ黒い領域ができます。
抑え続ける事も面倒ですが、資料を強く開いて痛める事にも抵抗があります。

次に、スキャンしてみたら曲がっていたといいう事が良くあります。
特に強く抑えている場合は位置合わせが難しく、プレスキャンするまで仕上がりは把握できません。

もちろん開放式である事やCCDから資料の距離がある事もあって、制作などに必要なきっちりした原稿を最高の品質で読み込む目的には適さないと思いますが、単に目の前の紙を電子化したいという用度だと圧倒的に使いやすいと思います。
書籍を読み込みたいという目的が無い人であれば、シードフィードスキャナよりもおすすめだと思います。

イベントにはPFUの方が居たので、カラーとグレイスケールの自動認識モードを追加して頂けるようお願いしてみました。
書籍の場合モノクロ2値は読みづらい仕上がりになるので、グレースケールが最適です。
ただ表紙や一部のページのイラストにカラーがある場合、そこはカラーになって欲しいと思います。
全部カラーは次善としてはアリなんですが、文字ばかりの場合は薄く見えて読み難かったりします。
現状SnaSnapのソフトウェアに自動認識させると、カラーとモノクロ2値の自動認識モードになってしまう事を残念に思っていたので、ここぞとばかりにアピールしておきました。

広告
カテゴリー:ハードウェア
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。