ホーム > 開発 > Objective-C++で型推論が使える件について

Objective-C++で型推論が使える件について

Xcode 4.3のclang 3.1で、下記のコードがコンパイルできて正常に動作する事を確認しました。
Objective-C++なので、ファイル名はmain.mmです。

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface Foo : NSObject

@end

@implementation Foo

- (void)dealloc
{
    NSLog(@"dealloc");
}

@end

int main(int argc, const char * argv[])
{
    @autoreleasepool {
        auto foo = [[Foo alloc] init];
        NSLog([foo className]);
    }
    return 0;
}

標準出力を見る限り、ARCもきっちり動いているご様子です。

2012-03-03 02:16:12.972 Test2[28693:403] Foo
2012-03-03 02:16:12.974 Test2[28693:403] dealloc

C++11の新機能を精査すれば、Objective-Cに美味しい機能がまだあるかもしれません。

広告
カテゴリー:開発 タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。