ホーム > 開発 > 「CocoaSQLMapper」でNSNumberをサポートしました

「CocoaSQLMapper」でNSNumberをサポートしました

パラメータ及びリザルトにおいて、整数・浮動小数・論理値のNULLを表現したい場合に、NSNumberを使う事ができるようになりました。
http://github.com/marvelph/CocoaSQLMapper

リザルトにおいてビット幅を仮定する事はできないので、NSNumberの内部表現はBOOLとintはlong long intになり、floatはdoubleになります。
しかし使用時には、boolValueやintValue、あるいはfloatValueを呼び出した時点で適切に変換されます。

広告
カテゴリー:開発 タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。