ホーム > 開発 > ZIPアーカイブに固めた画像ファイルをePubに変換する

ZIPアーカイブに固めた画像ファイルをePubに変換する

僕の所にもiPadが届いたので、ScanSnapで読み込んでおいた技術書(PDF)と、漫画(ZIPアーカイブに固めた画像ファイル)を転送して閲覧してみました。

重いです。特にPDFが。

最初から電子化されている書籍であればベクトルデータのPDFは軽いと思いますが、スキャンした書籍はビットマップ画像の固まりなので、ファイルサイズからして巨大になり、閲覧が重いです。
ただし同じ書籍で比較すると、PDFよりもZIPアーカイブの方が軽いようです。

閲覧にはCloudReadersを使っているのですが、出来ればiBooksを使いたいです。
なによりも、書籍をiTunesで管理したいのです。

そこでZIPアーカイブを、ePubに変換してみる事にしました。

まずPDFの場合はZIPアーカイブに変換する所からになりますが、こちらにすばらしい解説があります。

Desire for wealth
ScanSnap で作成した pdf を Mac OS X の標準機能で軽くする & zip に固める

ここで行うサイズ調整はかなり効果があります。

次にZIPアーカイブからePubへの変換ですが、こちらの情報によるとePubはそれほど複雑な物ではないようです。

横浜工文社
日本語Epubブックサンプル

ここの情報を参考に、変換スクリプトを書いてみました。
ZippedImagesToEpub.rb.gz

使い方
このスクリプトはZip/Rubyとuuidを利用しています。ターミナルからRubyGemsを使って、インストールしてください

gem install zipruby
gem install uuid

後は、スクリプトを実行します。

ruby ZippedImagesToEpub.rb ZIPアーカイブ

現状iPadを横画面にすると、画面の左側か右側のどちらかだけに画像が表示されてしまう書籍もあります
また著者やカバー画像などのメタデータもサポートしていません。
このあたりは、コツコツ改善していこうかと思っています。

GUIを付けても良いんですが、Automatorから使う方が幸せかもしれません。
RubyCocoaの本買うかな…

広告
カテゴリー:開発 タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。