ホーム > ハードウェア > 続・DR-BT21Gを購入

続・DR-BT21Gを購入

僕はVMware Fusionの上でPCゲームをプレイするのですが、DR-BT21Gの使用には問題がありました。

DR-BT21Gはかなりホワイトノイズがあり、無音時に耳に付きます。
恐らくそのホワイトノイズ対策か節電だと思いますが、無音が少し続くと「プチ」という音と共に音声出力が止まります。
その後ソースから音が出ると、やや遅れて音声出力が再開されます。
この時若干ノイズが乗りますが、中々気の利いた機能だと思います。

ところが一部のゲームは、演出でBGMが無音になり、ボイスだけになる場面があります。
このような時にDR-BT21Gは音声出力のON/OFFを繰り返す事になり、ボイスがノイズ塗れになってしまいます。
残念ながら、この機能を無効にする設定もありませんでした。

ラジオやDVD視聴でも似たような事が起こりそうな気がするので、ちょっと微妙な機能だと思います。
音楽聴くだけなら、全然問題無しですけど。

他に気がついた事としては、動作中のWiiに近づくとノイズが乗ります。
やはり、無線LANやWiiリモコンのBluetoothと干渉するようです。

広告
カテゴリー:ハードウェア
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。