ホーム > サーバ, デスクトップ > SambaでTime Machine

SambaでTime Machine

iSCSIを使ったネットワーク越しのTime Machineが安定しなかったので、次はSambaで共有しているネットワークドライブにTime Machineでバックアップを試す事にしました。

まずTime Machineの設定を弄って、未サポートドライブにバックアップできるようにします。

defaults write com.apple.systempreferences TMShowUnsupportedNetworkVolumes 1

この状態で共有しているサーバのボリュームにバックアップを行った所、イメージファイルの作成に失敗してバックアップが始まりませんでした。

そこでディスクユーティリティを使い、あらかじめイメージファイルを作ってやるとうまくきました。
この時、イメージフォーマットはスパースバンドル・ディスクイメージを選びます。
またボリュームサイズは、適当に大きめのサイズを指定しました。
注意が必要なのはイメージファイル名で、[ホスト名]_[有線のMACアドレスから記号を抜いて小文字化].sparsebundleとする必要があります。

広告
カテゴリー:サーバ, デスクトップ
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。