ホーム > ハードウェア > DR-BT21Gを購入

DR-BT21Gを購入

LeopardがA2DPに対応したので、Bluetoothのヘッドフォンを買ってみました。
以前は2.4GHz帯を独自方式で使うMHP-UW1を使っていたのですが、同じ2.4GHz帯の独自方式V500 Cordless Notebook Mouseや、BluetoothのApple Wireless Keyboard、自宅及び隣家の無線LANとの干渉回避が困難になり、使う事を諦めていました。
Bluetoothであれば既にApple Wireless Keyboardで使っていますし、マウスをV500からBluetoothのWireless Mighty Mouseに変更した事もあって、干渉の可能性が減ると考えました。
結果的には甘かったんですけど。

現状、OS X 10.5.2環境で以下のような不具合があります。

  • 電源を入れても接続されない事がある。
  • 接続時に、Apple Wireless KeyboardやWireless Mighty Mouseが切断されてしまう事がある。
  • ヘッドセットからヘッドフォンに接続方法を切り替えた時に、切断されたままになる。
  • マウスポインタの応答が低下する事がある。
  • 再生中に接続方式を切り替えると、カーネルが落ちる事がある。

OS Xのアップデートで、改善があれば良いのですが…

広告
カテゴリー:ハードウェア
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。