ホーム > ハードウェア > Mighty Mouseの分解修理

Mighty Mouseの分解修理

普段使っている無線マウスの電池を切らしてしまったので古い有線マウスを漁ってみたら、Mighty Mouseが出てきました。

このマウスは嫌いではなかったのですが、スクロールボールのゴミ詰りに対処できなくて使わなくなってしまいました。一応掃除方法があるのですが、だんだん復活しなくなります。さらにサラダ油を入れるとか信じ難い掃除方法もありますが、そちらも効果が無くなっていきます。

とっくに保証期間切れなので、分解掃除に取り組む事にしました。手順はこちらを参考にしました。

無事ローラーに付着していた大量のゴミを除去して組み立て直したのですが、上方向のスクロールが復活しません。下方向は直ったのですが。そこで再度分解して、部品を良く観察してみました。

まずローラーは4本ありますが、これは上下左右それぞれに対応しています。例えば横方向に回した場合、対面にある2本のローラーが同時が回転するのではなく、回した方向側の一本のローラーだけが回ります。

そこでボールとローラーのユニットだけを組み立てた状態でボールを回転させた所、上方向に回した時だけローラーが回らない事に気がつきました。ローラーのゴミは除去してあったので他の理由を探したのですが、良く観るとローラーの先に付いている磁石部分が、回転を検出する電極に接触しています。電極が、ローラー側に傾いてしまっているようでした。この傾きを直してユニットを組み立て直すと、無事にボールの上方向の回転でローラーが回るようになりました。

Mighty Mouseの分解掃除を行う場合は、ボールとローラーのユニットを組み立てた所でテストする事をお勧めします。マウス全体を組み立てなくても、この時点でボールによるスクロールが復活しているか判断できるからです。

広告
カテゴリー:ハードウェア
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。