ホーム > 開発 > NeoOfficeからMySQLにアクセスする

NeoOfficeからMySQLにアクセスする

某所の掲示板にMySQLを使っているのですが、OSXで動く開発ツールが少ないです。
最近リリースされたNeoOffice 2.1にデータベースが追加されたので、試してみました。

先に無難と思われたJDBC接続を試したのですが、文字化けを解決できなくて諦めました。
その後ODBC接続を試みたのですが、あっさり動いて拍子抜けしました。
以下はその手順です。

  • ODBCドライバをインストールする。ドライバはここからMac OS X用のパッケージをダウンロードできる。
  • データソースを登録する。ユーティリティの中にあるODBCアドミニストレータを起動して、ユーザDNSを追加する。ドライバはMySQLを選択し、キーワードはSERVERにサーバのホスト名、DATABASEにデータベース名を入れる。
  • NeoOfficeから接続する。既存のデータベースの選択で、MySQLとODBC接続を選択すると、登録済みのデータソースを選ぶ事ができる。

ODBCは、対応ソフトがもう少し増えると便利だと思います。

広告
カテゴリー:開発
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。