アーカイブ

Archive for 2006年11月

PocketDL-20061126をリリース

PocketDLを実際に書店で使う機会があったのですが、起動(データファイルの読み込み)が遅すぎる事に気がつきました。他には、件数が多いとアイテムを探す事が難しいようです。とりあえずデータファイルの読み込み部分を、きっちり作り込みました。計測データは僕の環境で、Library Media Data.xmlが4.1 MBあり、486アイテムを含んでいます。

2006/11/23版 2006/11/26版
起動時間 21秒 14秒
メモリ使用量 8.54 MB 1.41 MB

pocketdl-20061126.zip

変更点

  • データファイルの読み込み時間を短縮
  • 使用メモリを削減

TODO

  • アイテムをTitleかCreatorでソート
  • アイテムを選択したあとの詳細表示
  • ファイルが更新された時のリロードを自動化
カテゴリー:開発 タグ:

.NET Compact Framework 2.0をMac OS Xを母艦に導入する

PocketDLをダウンロードした人から、.NET Compact Framework 2.0のインストールにWindowsが必要な事を指摘されました。現在マイクロソフトが公開しているインストーラはWindows上で実行するmsi形式になっています。なのでMac OS Xが母艦の場合、インストールができない事になります。

実際の.NET Compact Framework 2.0のインストーラは、CPU別のcab形式です。恐らくWindows用のインストーラは、CPUの判別と適切なcabの転送を行っているのだと思います。このcabは配布されているインストーラに圧縮して含まれているだけでなく、開発キットには裸で含まれています。ライセンスが許している事を確認できれば、この裸のcabを配布したいと考えています。

W-ZERO3などのARM機の場合、cabのファイル名はNETCFv2.wm.armv4i.cabです。google先生に聞くと、なんか配布している所もありますね。ライセンスは大丈夫なのかしら…。

とりあえず、Mac OS Xだけでなんとかする方法を説明しておきます。まず、cab形式の書庫を扱えるソフトを用意します。BetterZipcabextractが良いかと思います。次に、マイクロソフトからNETCFSetupv2.msiをダウンロードします。後は、ダウンロードしたNETCFSetupv2.msiの拡張子をcabに変更して解凍し、F_NETCFv2.wm.armv4i.cab.7268F488_53D1_4565_BEEC_1251BC587315を取り出します。後はこのファイルを、NETCFv2.wm.armv4i.cabにリネームすればOKです。

上記の手順で取り出したcabファイルは、手元のW-ZERO3[es]にインストールしてPocketDLを動かして確認しました。まっとうなインストール方法ではありませんので、実行する場合は自己責任を覚悟してください。

カテゴリー:開発

PocketDL-20061123をリリース

blogでは触れていませんが、7月にZire 72からW-ZERO3[es]に乗り換えました。Palm OSとWindows Mobileの違いは、Mac OS XとWindowsの違い程度の差異だろうと想像していたのですが、安易な考えだったと後悔したりもしました。それでもキーボードは僕にとって、全てを帳消しにする神デバイスだったようで、ストレスを感じつつも使用頻度が上がっています。また外出時にPDAと携帯電話の両方を持ち歩く必要が無くなったので、鞄無しで出かけられるようになりました。

移行当初、MissingSync 2.5にメモを同期する機能が無く、しょんぼりしたりもしたのですが、めでたく3.0に実装されました。
また、Palm時代にパスワード管理に使っていたWeb Confidentialの代わりには、KeePassを使っています。KeePassは元々Windowsのパスワード管理ソフトですが、Mac OS XLinuxWindows Mobileにも移植されていて、データファイルに互換性があります。Web ConfidentialのようにConduitでレコード単位の同期を取る事はできませんが、Mac側とWindows Mobile側を同時に修正しないように注意していれば、MissingSync 3.0のファイル同期で十分幸せになれます。

環境が落ち着いて来ると、欲がでてきました。
僕は記憶力が不足していて、続き物の文庫やコミックの購入済みの巻を買ってしまう事があります。そこで、Delicious Libraryを使って蔵書管理を行っています。蔵書リストはiPodにエクスポートできるので、出先で購入済みかどうか確認する事ができます。しかし僕はiPodを、携帯やPDAと違って常時持ち歩かないので、肝心な時に確認できない事が時々発生していました。Delicious Libraryの蔵書リストを、W-ZERO3で閲覧できれば最良です。

とゆーわけで、PocketDLを作りました。

pocketdl_20061123.png

.NET Compact Framework 2.0です。PocketDL.exeは適当なディレクトリに置いて実行してください。閲覧するDelicious Libraryのデータファイルは、/Users/ユーザ名/Library/Application Support/Delicious Library/Library Media Data.xmlです。Windows Mobileの¥My Documentsにコピーしてください。MissingSync 3.0のファイル同期を使うと幸せになれます。
3時間ぐらいで書いた代物なので酷くチープですが、少しずつ手を入れて行こうと思っています。テストはW-ZERO3でしか行っていませんが、Windows Mobile 5なら動くと思います。たぶん。

pocketdl-20061123.zip

TODO

  • アイテムを選択したあとの詳細表示
  • ファイルが更新された時のリロードを自動化
カテゴリー:開発 タグ: