アーカイブ

Archive for 2005年8月

LLDNに参加する

Lightweight Language Day and Nightに参加してきました。
高橋メソッド初体験(^_^;;

単純に楽しめる、プログラマの為のイベントでした。
必死にメモを取る若者も、睡魔と戦う疲れたスーツ姿も居ません。
企業主催のカンファレンスとは違うと言う事ですね。

カテゴリー:開発

CocoaSharpファーストインプレッション

OSX用のMonoには、C#のCocoaバインディングが含まれています。
面白そうなので、試しにヒレガス本のサンプルを移植してみました。

randomapptar.gz

Nibのアウトレットやアクションを、C#のフィールやメソッドに結合させる時にアトリビュートを使うのですが、メソッドなどの名称だけを使うよりもスマートな手法だと感じました。

// クラス
[Register("Foo")]
public class Foo : NSObject {
}

// アウトレット
[Connect]
public NSTextField textField;

// アクション
[Export("generate:")]
public void generate(object sender) {
}

Exportで指定するのはObjective-Cのシグニチャでなので注意が必要です。awakeFromNibを定義した時に、うっかり末尾に「:」を付加してハマりました。

唯一不自然な部分は、Nibからロードするクラスには下記のコンストラクタを用意する必要がある事なのですが、定型なので許容範囲だと思います。

// コンストラクタ
protected Foo(System.IntPtr raw, bool release)
  : base(raw, release) {
}

コンストラクタを忘れると、イベントが発生したとたんに落ちます。

大変面白いと思いますが、現状ではXcodeでデバックするような事は出来ないので、直ぐにObjective-CやJavaの代わりにはならないです。

カテゴリー:開発 タグ:

MHP-UW1を購入

ワイアレスヘッドフォン、MHP-UW1を買ってみました。
ケーブルの無いPC用ヘッドフォンが欲しくて色々調べていたのですが、

  • 赤外線は歩き回ると遮蔽物で音が切れやすい。
  • アナログ方式はホワイトノイズが乗る。
  • 音質は有線とは比較にならない。
  • バーチャルサラウンドに期待してはいけない。

などと言われているようです。

そこで、単純なステレオで無線を使ったデジタル方式の製品を探したのですが、あまり無いようです。
MHP-UW1はUSB接続の音源入りだったのですが、配線が楽なので悪く無いと考えました。

心配だったのは、

  • メーカーはOSX対応を謳っていない。恐らく、USB音源のクラスドライバで認識する。
  • 2.4GHz帯の無線が干渉するかもしれない。2.4GHzは無線LANとBluetoothに加えて、ロジクールの独自規格無線マウス(V500)でも使ってる。

あたりです。

結果的には、OSXで問題無く使えました。
ドングルを接続直後に無線LANの切断されて焦りましたが、MHP-UW1のバンド切り替えボタンを数回押したら解決しました。

唯一謎なのは、USB Audio入力としても認識されている事です。
音源チップが汎用品なのは判りますけど、このぐらい殺しておいてくださいよ(^_^;;