ホーム > 生活 > 100円ショップに通う日々

100円ショップに通う日々

最近、100円ショップで微妙な品物を仕入れる事が、趣味になりつつあります。
近場は小規模店舗しかないので、休日は自転車で遠征に出かけます。

基本的に無駄遣いを楽しんでいるので、ゴミになる事が多いです。
それでも常軌を逸した粗悪品に当たると唖然とします。

  • 詰め替えリンス
    ドラックストア特売時の半値以下なのでアレな雰囲気でしたが、一応国産でした。
    が、使って驚きましたが異常に水っぽいです。
    残り少なくなったリンスのポンプに水を入れてシェイクして、最後まで使い切ろうとした時に出てくるヤツにそっくりです。
    単に薄めて売っている予感です。
  • 毛抜き
    噛み合わせが異常に悪く、毛をつかむ事は不可能でした。
    挟む部分の断面は、ニッパで釘を折った時のようにデコポコです。
    持つ部分の側面にもバリがあり、指を切りました。
    外見以外は機能していないです。
  • ネームペン
    二本入りの油性ペンでした。
    キャップを外して初めて知りましたが、極太です。
    少なくても、CD-Rのラベル下記には使えません。
    字がつぶれます。
    この太さがネームペンとして機能するシチュエーションを想定できません。
  • 山椒
    小瓶タイプです。
    大量に使用しても、まったく味がしません。
    辛味も無しです。
    藁屑では無いかと、真剣に疑っています。

これはこれで楽しいのですが(^_^;;

広告
カテゴリー:生活
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。