アーカイブ

Archive for 2005年5月

Delicious Libraryのレジスト

出先で見つけた書籍が欲しくなった時に、うっかり持っている本をもう一度買ってしまったり、既に持っていると勘違いして買い損なう事があります。
記憶力が足りないのはどうにもならないのて、Palmに蔵書リストを維持するようになりました。
でも入力が面倒で、失敗もありました。

最近日本語ローカライズが入ったので、Delicious Libraryを試してみました。
iSightでバーコードの読み込みを行って、アマゾンのデータを使って書籍やCDのリストを作成してくれます。
リストはiPodに入るので、出先で確認もできます。
読み込み作業は面倒どころか病み付きで、レジストする事にしました。

購入はソフトの中で行う事ができます。
ユーザ名入力の時に、一瞬アルファベットが無難なような気もしましたが、特に注意書きも無くダイアログもしっかり日本語化されていたので漢字で入力しました。
しかしすべての情報を入力後に、長時間の待ち時間の後でエラーになりました。
気を取り直してアルファベットで入力すると無事レジストできました。

ところがその後、レジストメールが2通届きました。
片方は本文が空で、ヘッダにも文字化けがあります。
直感的に、トランザクションの例外安全に穴がありそうな挙動です。
慌ててカードのショッピング履歴を調べたら、最初のエラーも課金されていました…orz

その後状況を辿々しい英語でメールしたところ、返金されました。
ユニコードの処理にバグがあったそうです。
プログラマ的には、ユニコードのバグは仕方無いと思いますが、トランザクションが甘いのは頂けないです。
自分も気をつけないと(^_^;;

カテゴリー:デスクトップ