ホーム > サーバ, ハードウェア > 玄箱の導入

玄箱の導入

サーバのドライブがパンパンになってきたので、外付けドライブのつもりで購入してみました。
付属のインストールイメージで構築した場合、採用されているnetatalkがロングファイルネーム未対応なので、OS Xからは使い難いです。

ここからDebianを貰ってきて、samba 3とnetatalk 2のβ版をビルドするとなかなか良い感じです。
思っていたよりもちゃんとしたLinux Boxになってしまったので、ファイルサーバだけに使うのは勿体無いような気もしてきました。
USB端子もあるので、外付けドライブに定期バックアップを取る事もできるでしょうし。

広告
カテゴリー:サーバ, ハードウェア
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。