ホーム > 開発 > 続々・Delphiのコレクション

続々・Delphiのコレクション

Delphiにはtemplateの類いがありません。したがってコンテナには、挿入時型安全の問題と、取り出し時のバックキャストの手間が付いて回ります。

一つ試案があります。コンテナのコンストラクタにクラス参照を与えます。これを内部に保持すれば、挿入時にis演算子で動的な型チェックができます。不一致なら、例外を送出する事が出来るはずです。

クラス参照がTClassではなく、参照カウンタの基底クラス(僕は、TShareObjectと定義しています)のクラス参照であれば、さらに面白いかもしれません。Delphiのクラスメソッドは仮想化できるので、等価や比較のデフォルトオペレータを、コンテナに指定したクラス参照から自動選択させる事が出来そうです。

あんまり基礎工事にのめり込むのもアレですが、電波は受信した時に実装しないと勿体ないですしねぇ。

広告
カテゴリー:開発 タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。