ホーム > デスクトップ > FlashのトラブルはXFree86が原因

FlashのトラブルはXFree86が原因

Linux上でATOKXとMozillaを併用すると、Flashが落ちる障害に悩まされていた。
Mozillaがバージョンアップしても直らず、Flashは次が出る気配も無いので、諦めムード。

所が不具合はXFree86にあったらしく、パッチが投稿された。
早速リビルドしたところ、すばらしく快調。

フィックスした神に感謝(^_^;;

広告
カテゴリー:デスクトップ
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。