ホーム > サーバ > リジェクトログによる自爆

リジェクトログによる自爆

深夜1時過ぎ、メールの受信がタイムアウトを起こす。
なにげにサーバの方に目をやると、アクセスランプが満開に点灯中。
sshもシリアルも、ログインを受け付けない状態。
かろうじて、pingは返る。
cronの時間帯でも無いので不思議だったけど、放置プレイ。

一時間後、状況が変わっていないので軽めの破局を迎えたらしい。
祈りつつリセット(^_^;;

/var/log/messagesを覗いてみると、ルータから大量のリジェクトログが届いている。
だけど、原因と言えるか自信が無くて思案していたら、また始まった(–;;

次、ルータを落として再びリセット。
その後は無事っぽいので、syslogdにルータからのログを受け付けないように設定して、ルータを起動。

1時間たつけど、治まった雰囲気。

まさかとは思うけど、ルータがサーバにDoSかけてたって事に。
リジェクトログが原因だとすると、ネットは暴風雨なんだろうか。

広告
カテゴリー:サーバ
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。