ホーム > 開発 > セキュリティマネージャ下のTomcatからFirebirdへ

セキュリティマネージャ下のTomcatからFirebirdへ

Tomcatをセキュリティマネージャ下で動かしている人は少ないと思うけど、自宅サーバのWeb領域を友人に貸し出していて、jspも使えるようにしたい時とかは必要だと思う。
ウチの場合データベースにFirebirdを使っているので、ポリシーファイルの設定が必要なんだけど、単純にソケットを開けただけではダメ。

grant codeBase "file:/xxxx/xxxx/xxxx/-" {
  permission java.util.PropertyPermission "user.name", "read";
  permission java.net.SocketPermission "xxxx:3050", "connect, resolve";
  permission java.io.FilePermission "/xxxx/xxxx/tomcat/common/lib/firebirdsql.jar", "read";
};

システムプロパティからユーザ名の読み込み許可と、ホスト名のリゾルブ許可も必要。
加えてドライバファイルの読み込み許可が無いと、エンコードクラスがロードできないので日本語が文字化けしてしまう。

広告
カテゴリー:開発 タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中