ホーム > サーバ > netatalkでグループ管理を

netatalkでグループ管理を

netatalkの悩みで、「グループ内で相互に読み書き可能な設定」方法が解らなかった。
例えばsambaだと、ユーザを共通のグループに入れて、ディレクトリの共有設定でforce groupに指定すればいい。
この場合、新規に作成されたファイルのグループが共通のグループになるので、グループに書き込み権限が付いていれば、他のメンバーも修正できる。
つまりnetatalkだと、ファイル作成者しか修正ができなかった(読む事はできる)。
解決の一つは各ユーザのプライマリグループを共通グループにしてしまう事だけど、何種類かグループを用意したいケースには破綻する。

ぐぐってみると、「cronで時々chgrpする」とか、「ゲストにしてしまう」とか、悲しい解決方法が沢山………。

ところが流し検索していたら、こんな書き込みが!
初めてsビットの意味が解った今日この頃(恥

よく考えてみると、同種の悩みはFTPやcvs(extssh)でも起きていた。

Dorrellさんに乾杯(^_^;;

広告
カテゴリー:サーバ タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。