ホーム > サーバ > netatalk-1.5.3.1-euc on RedHat 8.0

netatalk-1.5.3.1-euc on RedHat 8.0

sambaとnetatalkで同じ領域を共有する場合に、文字コードをCAPに設定する事が定石になっている。
でも以下のような状況を考えると、サーバ側本来の文字コード(多くの場合euc)で格納したいと思う管理者も多いと思う。

・同じ領域をFTPにも解放したい。CAPに対応したFTPクライアントはほとんど無い(FFFTPぐらい)。

・管理者がtelnetで入って、検索したり、移動したり、コピーしたり、削除したい。

本家には、reininn氏がnetatalkをeuc及びshift_jisに対応するパッチをポストしているけど、ぐぐった限り利用者は少ない雰囲気。
そこで、ユーザが増えればパッチのマージが早くなると信じて、rpmを放流してみるテスト(^_^;;

netatalk-1_5_3_1-4_i386.rpm
netatalk-devel-1_5_3_1-4_i386.rpm
netatalk-1_5_3_1-4_src.rpm

RedHat 8.0付属のSRPMに、本家に投稿されていたパッチを適応して、起動スクリプトを調整してみた。
特に追加の設定無しで、日本語ファイル名がeucで保存されるようになる。

付属のRPMをインストールしてある場合は、いったんアンインストールすればOK。
設定ファイルの内容は変わらないので、アンインストール時に自動バックアップされた物を戻せば、そのまま使える。

既に日本語ファイルが存在する場合は、netatalkを差し替える前にクライアントに待避するのがシンプルだけど、容量によっては許されないかもしれない。
そんな時は、SMBCHARTOOLで一括変換ができるから試してみて。

念のため付記するけど、併用するsambaの文字コードもeucに変更しよう。

それじゃ、自己責任でどうぞ(^_^;;

広告
カテゴリー:サーバ
  1. hiroyuki yamamoto
    2003年7月31日13:34

    netatalk-1.4b2asun2.1.3-6.i386.rpmを使用していましたが記事を読みnetatalk-1.5.3.1-4.i386.rpmにアップデートしてみましたがPhotoshop等でエラーがでてしまいました。
    netatalk-1.4b2asun2.1.3-6.i386.rpmをeuc化できないでしょうか。ご指導をお願いいたします。

  2. marvel
    2003年8月6日14:16

    1.4b用のeucパッチは見あたらないですね。
    となると、ソースとにらめっこして自分で修正箇所を探さないとダメかと思います。
    さすがにそこまで根性はありませんm(_ _)m

  1. 2010年11月14日13:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。