アーカイブ

Archive for 2003年6月

eclipseのエディタで制御文字を

IDEとの相性に、エディタの癖があると思う。
eclipseのエディタは悪くないと思うけど、欲を言えば制御文字をマーク表示して欲しい。
そこで、エディタ周りを弄ってみた。

eclipse_editor_02.png

こんな感じで、タブと改行がマークになる。
クイックハックなので、ON/OFFするとかできないし、全角の空白のマーク表示とかも無いけど、概ねイメージ通りに動いている。
2.1.1 RC3のeclipse/plugins/org.eclipse.swt/Eclipse SWT Custom Widgets/common/org/eclipse/swt/custom/
StyledTextRenderer.javaに、このパッチをどうぞ(^_^;;

広告
カテゴリー:開発 タグ:

eclipseでshift_jisなCVSサーバへ

2003年6月26日 6件のコメント

思う所あって、プログラミング用のPCをWindowsからLinuxに換装した。
最近はeclipseをメインにJavaがほとんどだったので、特に困る事も無いと判断。
既存のリポジトリはshift_jisだけど、eclipseでもNetBeansでもテキストファイルのエンコーディングは指定できるし。

でもハマル(–;
リポジトリのコミットコメントが、バケバケになっていた。

一瞬リポジトリを直接eucに変換する事も考えたけど、ライブラリとかはOS Xからもコミットしているので避けたい。
それに、@とかのエスケープが必要なので、単純変換ではダメな雰囲気。

ぐぐってみた所、逆の用途を想定したCVSコミットメッセージ国際化パッチが配布されていた。
恐らく、文字コードの指定をshift_jisにしてしまえばOK。
だけどダウンロードして見ると、2.1のモジュールにパッチを当てた物である事が判った。
利用している2.1.1 RC2は既に該当モジュールが新しくなっているので、危険を感じて諦める。

その後さらにぐぐると、パッチに関するスレッドを発見。
早速試したところ、既存のヒストリの文字化けは解消。
でも、新規にコミットしたコメントは化けてしまう。
元ネタのスレッドでは、書き込み側の対処は要らないような事が書いてあるけど、ウチはサーバ側に日本語関係のパッチをまったく当てていないのでダメなんだと思われる。
その後、あからさまに怪しい二カ所にパッチを当て、無事書き込み時の文字化けも解消した。

2.1.1 RC2用のパッチを置いておくので、Linuxでshift_jisなcvsにコミットする人はどうぞ。
逆にWindowsやOS Xでeucなcvsにコミットする人も、エンコード名を弄れば良いかと。

あ、パッチするソースはplugins/org.eclipse.team.cvs.core/src/org/eclipse/team/internal/ccvs/core/connection/Connection.javaだから(^_^;;

カテゴリー:開発 タグ:

netatalkでグループ管理を

netatalkの悩みで、「グループ内で相互に読み書き可能な設定」方法が解らなかった。
例えばsambaだと、ユーザを共通のグループに入れて、ディレクトリの共有設定でforce groupに指定すればいい。
この場合、新規に作成されたファイルのグループが共通のグループになるので、グループに書き込み権限が付いていれば、他のメンバーも修正できる。
つまりnetatalkだと、ファイル作成者しか修正ができなかった(読む事はできる)。
解決の一つは各ユーザのプライマリグループを共通グループにしてしまう事だけど、何種類かグループを用意したいケースには破綻する。

ぐぐってみると、「cronで時々chgrpする」とか、「ゲストにしてしまう」とか、悲しい解決方法が沢山………。

ところが流し検索していたら、こんな書き込みが!
初めてsビットの意味が解った今日この頃(恥

よく考えてみると、同種の悩みはFTPやcvs(extssh)でも起きていた。

Dorrellさんに乾杯(^_^;;

カテゴリー:サーバ タグ:

netatalk-1.5.3.1-euc on RedHat 8.0

2003年6月24日 3件のコメント

sambaとnetatalkで同じ領域を共有する場合に、文字コードをCAPに設定する事が定石になっている。
でも以下のような状況を考えると、サーバ側本来の文字コード(多くの場合euc)で格納したいと思う管理者も多いと思う。

・同じ領域をFTPにも解放したい。CAPに対応したFTPクライアントはほとんど無い(FFFTPぐらい)。

・管理者がtelnetで入って、検索したり、移動したり、コピーしたり、削除したい。

本家には、reininn氏がnetatalkをeuc及びshift_jisに対応するパッチをポストしているけど、ぐぐった限り利用者は少ない雰囲気。
そこで、ユーザが増えればパッチのマージが早くなると信じて、rpmを放流してみるテスト(^_^;;

netatalk-1_5_3_1-4_i386.rpm
netatalk-devel-1_5_3_1-4_i386.rpm
netatalk-1_5_3_1-4_src.rpm

RedHat 8.0付属のSRPMに、本家に投稿されていたパッチを適応して、起動スクリプトを調整してみた。
特に追加の設定無しで、日本語ファイル名がeucで保存されるようになる。

付属のRPMをインストールしてある場合は、いったんアンインストールすればOK。
設定ファイルの内容は変わらないので、アンインストール時に自動バックアップされた物を戻せば、そのまま使える。

既に日本語ファイルが存在する場合は、netatalkを差し替える前にクライアントに待避するのがシンプルだけど、容量によっては許されないかもしれない。
そんな時は、SMBCHARTOOLで一括変換ができるから試してみて。

念のため付記するけど、併用するsambaの文字コードもeucに変更しよう。

それじゃ、自己責任でどうぞ(^_^;;

カテゴリー:サーバ

インターネットラジオな休日

休日になると、寝床にiBookを持ち込んでコーディング(^_^;;
無線LANのまったり感がたまらないのだけど、それを加速するのがインターネットラジオだったりする。
事情は良くわからないけど、国内のラジオ局は聴けない。
きっと、偉い人のお金の事情なんだろ(^_^;;

だけど、海外でJPOPを配信しているを発見した。
微妙にダメ人間向けな選曲なんだけど、イヤじゃないもの(逝

カテゴリー:文化

Struts 1.1 RC2に移行

時間が経つほどに、億劫且つ困難になる事が明白だったので、某所の掲示板に使っているStrutsを1.1 RC2に更新した。
事前に情報があったので、Tomcat 4.1のコネクションプールを使うように修正する所から始める。

動かねぇー(–;;

二日続けてのドハマリで判明した原因は、開発に使っていたWindows版のTomcat 4.1.24 -LEに、commons-dbcp.jarとcommons-pool.jarが含まれていなかったという、大変切ない結末。
ドキュメントの読みそこないかなと落ち込んだけど、運用サーバのLinux版(4.1.24-LE, rpm)の方にはしっかり入っていたので、パッケージングミスのような気もする。

カテゴリー:開発 タグ:

eclipseとTomcatとStrutsと

eclipseのTomcatのプラグインでStrutsを使うと、jspの実行でエラーになる場合があるようだ。
今ひとつ再現タイミングがはっきりしないので、曖昧な表現で(^_^;;

Error running javac.exe compiler
  at org.apache.tools.ant.taskdefs.compilers.DefaultCompilerAdapter・・・
  at org.apache.tools.ant.taskdefs.compilers.JavacExternal.execute・・・
  ・
  ・

Strutsを使わない単純なjspでは発生しないので、この組み合わせになにかある模様。

javacにパスを通すと収まった。
たっぷりハマった後で(T_T)

カテゴリー:開発 タグ: